羽毛が傷んでなくてもリフォームして、お布団が使いやすくなる場合があります。その2

羽毛が傷んでなくてもリフォームして、お布団が使いやすくなる場合があります。その2

[カテゴリ] 羽毛リフォーム
[更新日] 2020/3/10
三重県熊野市の向井ふとん店店長の向井浩高です。
先日に続いて本日も熊野市内のお客様から羽毛布団のリフォームの依頼を受けました。

「この羽毛布団、買ってからそんなに使ってないんだけど、このまえ息子が帰ってきてこの羽毛布団を使ったら、分厚いし暑くて寝てられないと言われました」「ちょうどいい厚さに作り替えできますか?」とご相談いただきました。
羽毛布団リフォーム 向井ふとん店 三重県 熊野市 尾鷲市 和歌山県 新宮市 田辺市

お持ちいただいた羽毛布団確かに、そんなに使っていない感じです。
ですが、羽毛の量が、グースダウン93%、1,4kg入りで膨らみがとてもあります。
ふんわり厚みがある羽毛布団は、高級感があるかもしれません。
羽毛布団は厚みがあるほど断熱効果があって温かいのですが、温かすぎて眠れないようでは本末転倒です。
そして、厚みがありすぎると布団を着た時に肌沿いが良くなく、片口などが空いてしまってかえって体を冷やしてしまいます。
羽毛の量を1,2kgに減らして側生地のマス目も細かくして肌沿いが良く心地よく眠れる羽毛布団にリフォームさせていただくことにいたしました。
羽毛布団は、厚ければいいというものではありません。
肌増が良く、暑くもなく寒くもない厚さが一番です。
羽毛布団のご相談はお気軽にどうぞ。
ブログカテゴリー
ベット(58)
オーダー枕(14)
市木木綿(111)
手作り布団(18)
快眠(35)
本の紹介(9)
その他(55)