ヨシクマ新聞 眠りのワンポイントアドバイス

ヨシクマ新聞 眠りのワンポイントアドバイス

[カテゴリ] 快眠
[更新日] 2019/7/7
こんにちは、三重県熊野市の枕オーダー枕と快眠マット、ベットの店向井ふとん店、店長の向井浩高です。
先日、地元の夕刊紙、吉野熊野新聞さんが私の書いた「眠りのワンポイントアドバイス」というコラムを載せてくださいました。
このコラムは、地元の方に眠りを通じて健康で楽しい暮らしをしていただきたいとの気持ちで書かせていただいています。
不定期ですが一年間になります。
今回は、昼寝について書かせていただきました。




昼寝というと少し前までは「さぼり」のイメージがありましたが。昼寝には体や脳の疲労回復に効果があり、午後からの仕事の効率がアップします。
企業によっては昼寝のできる休憩スペースを作って昼寝を推奨している所もあります。
私も毎日昼寝していますが、昼寝のおかげで午後からの仕事もとても活動的にがんばれています。
ですが、昼寝も時間や長さによっては逆効果になります。
次のことに気お付けて下さい。

①12時~15時の間に
15時以降の昼寝は夜の睡眠に影響を与えてしまいます。

②時間は長くて30分以内に
30分以上眠ってしまうと起きた時に体と脳が覚醒しにくく頭がボーっとしてしまいます。

③眠る前にコーヒーや紅茶などのカフェイン飲料を飲んでおく
カフェイン飲料は飲んだ30分ごに効果が表れます。
眠る前に飲んでおくと起きた時にすっきり起きられます。

規則正しい昼寝を続けているとアルツハイマー型認知症の予防にも効果的だそうです。
ぜひ毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
ブログカテゴリー
市木木綿(7)
快眠(13)
本の紹介(2)
その他(1)